福島県裏磐梯 桧原湖・猪苗代湖のスモールマウスバス釣りガイド

WSS‐ST66XUL・WSS‐ST65L。2本のライトキャロロッド使い分け

桧原湖のライトキャロ用ロッドとして生まれた後、その他のライトリグ、小型プラグ等への汎用性の高さから全国区で人気が広がり「名竿」と称されるようになったWSS‐ST65L。

桧原湖でのライトキャロ用ロッドとして生まれただけあり、桧原湖でライトキャロをするなら絶対にコレ!!と言い切れる名作です。

しかし実は「スモールマウス用ライトキャロロッド」は1機種では完結出来ない部分があり、そこをベストな形で埋めるロッドは今までのワイルドサイド既存機種には存在していませんでした。

そんな中、今年満を持して発売されるのがもう1本のライトキャロロッド「WSS‐ST66XUL」

一言で言い表すなら

「フラットエリア用のWSS‐ST66XUL」

「ストラクチャーエリア用のWSS‐ST65L」

桧原湖はロック、立木、スタンプ、ウィードといったストラクチャーが豊富故に、それらにスタックさせ過ぎずに躱し、繊細に操る必要があるため、WSS‐ST65Lが持つ硬めのソリッドティップが必要不可欠です。

しかし一方で、そんな硬めのソリッドティップを持つWSS‐ST65Lが、例えば桧原湖にも存在する変化に乏しいエリアである大川沖、ラーメン屋沖、早稲沢沖、狐鷹森スロープ沖、京が森フラット・・・もしくは野尻湖のフラットエリアで使うのに「ベストか?」と問われれると、それは??。(シンカーの重さ等セッティングにもよります)

特に1~3.5g程度の軽いシンカーを使う場合は全く別なロッドが必要でした。

変化に乏しい=引っ掛かりが極端に少ないエリアで「食わせ所」である僅かなハードボトムや地形変化を、繊細でソフトなティップの「持たれ」で感じ取り、その場で置いておくなり、逃がすなりして食わせる必要があります。

それをする為に生まれたのが「WSS‐ST66XUL」

いずれも「繊細に操作する」事が前提で、それをストラクチャーエリアで成す為のロッドがWSS‐ST65L。

変化に乏しいフラットエリアで成す為のロッドがWSS‐ST66XUL。

JBマスターズ時代の野尻湖での練習風景。

初めて野尻湖を訪れた2012年、フラットエリアをハミンバードの「サイドイメージ」で魚探掛けをした時、ハードボトム、変化が豊富な桧原湖育ちの僕は途方に暮れました。

どこまで見ても果てしなく何もないフラットなボトム・・・・。

琵琶島周りやシースピ沖は分かり易いハードボトムがあり落ち着いて釣りが出来ましたが、国際村~大崎、菅川といったエリアでは「こんな所で釣れんの!?」むしろ「こんな所のどこで釣るの??」という状態・・笑

その「こんな所のどこで釣るの?=食うの?」の「食う場所」が極僅かな変化やハードボトムであり、そんな僅かな変化に「持たせられる」ソリッドティップで探し、食わせる事が必要なんですよね。

まあ・・当時の僕はそんなエリアはキャロシャッドに頼ってしまったんですが笑

桧原湖で言うなら大川沖、ラーメン屋沖、早稲沢沖、狐鷹森スロープ沖、京が森フラット等が活躍の場所。

WSS‐ST65LとWSS‐ST66XU。2本槍を使い分けた攻略で桧原湖のライトキャロがより一層面白くなります(^^)

カテゴリー:ブログ

2020-02-05 20:38:26


ガイド空き状況

5月18(月)

6月1(月) 2(火) 9(火) 11(木) 25(木)

ご予約ページを開く


ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。