福島県裏磐梯 桧原湖・猪苗代湖のスモールマウスバス釣りガイド

WSS‐ST61UL・WSS‐ST59UL。2本のダウンショットロッド使い分け

昨日はライトキャロロッド2本の使い分けを紹介しましたので、今日は前から書こう書こうと思っていたダウンショットロッドの僕なりの使い分けを紹介します(^^)

ライトキャロと並び桧原湖でなくてはならないライトリグ代表的存在なダウンショットリグ。

これもライトキャロ同様ロッドを使い分けるのが望ましく、ワイルドサイドには桧原湖のダウンショットを使い分け出来る2機種が存在します。

それが「WSS‐ST61UL」と「WSS‐ST59UL」です。

同じソリッドティップのULアクション。その大きな違いは「長さ」と「張り」。

同じULアクションでもST59ULの方が張りを感じられます。

で、面白いのがロッドの部位の長さの比率。

ST59ULは短いので、グリップも短くなっています。

そこでリールシート位置を合わせた状態でブランクスを見てみると・・・

右がST61UL。左がST59UL。

短いST59ULの方がリールシート~チューブラー先端までが長いんですよね。

そしてソリッドティップがとても短い。

曲がり易いソリッドティップが短いため、その分張りが生まれて操作性が向上してます。

この2本を一言で言い表すと、ST61ULが「長めで柔らかい」。

ST59ULが「短くて張りがある」。

長いと曲がり易くなり、短いと感度、操作性が上がります。

なのでこの2本を使い分ける時は・・・

食い込み→ST59UL

感度→ST59UL>ST61UL

飛距離→ST59UL

操作性→ST59UL>ST61UL

僅かな引っ掛かりへの「持たせ」→ST59UL

根掛かり回避→ST59UL>ST61UL

これらの要素から、自分がやる釣りで必要な性能を持った方を選ぶ!!という感じです!

例えばライトキャロロッドと同じように「ストラクチャーエリア用は張りのあるST59UL。フラットエリア用は繊細なソフトティップがしっかり曲がるST61UL」と使い分けるのも大正解。

しかしダウンショットとライトキャロでは大きな違いがあり、ライトキャロはシンカーを動かし、ワームがその後ろを付いて来るだけであるのに対し、ダウンショットはロッドで直接ワームを操り、バイトもダイレクトに伝わります。ワームの操り方も様々。それ故、使い分け方がライトキャロよりも複雑にはなります。

(ライトキャロって、ど~~~う頑張って即アワセしようとしても一定数飲まれます。それだけバイトを伝え辛い=バスも違和感を感じにくい構造だと言えます)

例1。ダウンショットをズル引きで使用する場合(バスがシェイクを嫌っている時)、バスの活性が低い・・というかバイトが浅い状況だと、ズル引き=ラインが常に張り気味な状態になるので、バイトを弾き易くなるんですよね。シェイクの場合は常にラインスラックが出るのであまりバイトを弾きません。

そんな時は間違いなくよりソフトなティップを持つST61ULを選びます。引っ掛かり易いロックエリアの場合はシンカーを軽くし、形状もスリ抜け重視の形状にして対応。

例2。フラットエリアで風が強い中釣る時。僕の場合、ダウンショットはなるべく軽いシンカーを用いてボトムを取りつつも手前に泳がせて来る釣りをよくします。(シンカーが重いとそこに固定されて手前に泳がせて来れない。無理矢理泳がせても不自然な動きになる)こんな時は絶対に張りのあるST59UL。

ティップが柔らかいと、ラインに掛かる風と流れの抵抗に負けて操作性を失うんです。なので、泳がせるならST59UL。

↑この釣りについてはこちらをご覧ください→ダウンショットの絶対的名竿を使ったDSドリフトスイミング

逆に、重いシンカーをボトムに固定して一点シェイクやステイで狙うならST61ULになります。

これが同じ状況でライトキャロをやるなら、確実にボトムを取り、動かしたいスピードで動かすだけなので重めのシンカーに柔らかいロッドを使います。

ちょっと使い分けはややこしいですが・・笑

ダウンショットはテクニカルな釣り。ロッドを使い分けながらマスターすればメチャクチャ大きな武器になりますよ~(^O^)

カテゴリー:ブログ

2020-02-06 19:45:31


ガイド空き状況

5月18(月)

6月1(月) 2(火) 9(火) 11(木) 25(木)

ご予約ページを開く


ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright © 高梨洋平ガイドサービス