福島県裏磐梯 桧原湖・猪苗代湖のスモールマウスバス釣りガイド
Category:ブログ

ルアマガタックルオブザイヤー

ルアーマガジンさんの名物企画タックルオブザイヤー。

桧原湖生まれの名竿、ワイルドサイドWSS-ST65Lが堂々の上位ランクインしておりましたが・・・

僕がプロデュースさせて頂いたWSS-ST64L +もランキング入ってました!!

ご愛用の皆さま、投票してくださった皆さまありがとうございましたm(_ _)m

↓改めて、WSS-ST64L +ってこんな竿↓

虫の吊るし、平置き、プラグの虫をオールラウンドにこなす少し強めのフィネスロッド。

結果的に霞水系等、パワーが求められるフィールドのフィネスロッドとしても人気となっています。

そしてこちらも嬉しかったのはライン部門でのアブソルートAAAの上位ランクイン!

高比重ノーシンカーの釣りが流行った影響もあるのでしょうか?

低〜中価格帯がランキング上位を占める中に、高価格帯代表として?しっかりランクインしてました。

傷付きにくさ、傷が付いてからの残存強度、耐久性がピカイチの硬く強いフロロカーボンです(^^)

カテゴリー:ブログ

2022-01-24 18:31:45


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

春桧原湖スモール×スイムジグ

引き続き、春の桧原湖プリスポーンスモールマウス攻略タックル↓で、最近追加したものの紹介です。

https://takanashi.bassguide.jp//index.php#tackle

今回はスイムジグ。

春のメタルバイブもそうでしたが、春のスイムジグもそれ自体では何年も前から釣果はありました。

ただ、使い方はただ水深3m前後のシャローで適当に巻いてくるだけっていう笑

それもれっきとしたスイムジグの使い方ではあるのですが、この2〜3年ほどで使用率が上がった「スイムジグならでは」という使い方は、やはり水深3〜7mくらいのミドルディープでのスイミングです。

↑特に、より深いレンジを巻いて来れるスイミングジグヘッド「スメルトヘッド」との出会いがより一層、春のミドルディープの釣りに幅をもたらせてくれました。

強過ぎず弱過ぎない波動で、水深4〜7mのボトム付近を横方向に手早くチェックできて、比較的簡単・・・って、今までのスモールマウスバスフィッシングの定番では「シャッドのドラッキング」くらいしか無かったんですよね。(ちなみにガイドではハードルアーのドラッキングはなるべくやらないようにしています)

そのシャッドのドラッキングの独壇場に殴り込んで行けるのがスイムジグとなる訳です。

手早さを犠牲にして、もっと食わせに寄れば大きめのワームのミドストや巻きキャロ等も面白そうですね。

特殊なヘッドの形状から、同じウエイトでもとにかく深い所を巻いて来れるのがスメルトヘッド。岩場でのスリ抜けもピカイチです。

フックサイズは2種類から選べて、桧原湖スモール狙いなら小さい方の2/0が無難ですが、4/0フックに大きなトレーラーも全然アリ。

よく使うトレーラーはイージーシャイナー4やヴァラップスイマー3.3等。イージーシャイナーはテールの付け根を少しカットして動きを変えるのも良いですね。

ただ、ボトムに堆積したゴミやウィードは拾い易いので、そんな場所ではウィードライダーやバレッジスイマー等を使っています。

ウィードライダーやバレッジスイマー等のトレーラーは、フックが大きいので必然的に大きくなりますが、4〜5インチのシャッドテールでも、状況にマッチしていれば問題なく丸呑みして来ます。

ショートバイトばかりの時は状況に合っていない時です。

タックルはワイルドサイドWSC69MH &アブソルートMG12ポンド。

フロッグスペシャルの名がつくワイルドサイドWSC69MH、WSC65MHは「フッキングパワーやファイトパワーが必要な巻き物」にベストマッチ。

スピナーベイトや羽根モノ、4〜6インチシャッドテールはもちろん、スイムジグにもベストなロッドです。

ラインはやはり、巻き物で使い易い「しなやかフロロ」のアブソルートMGとなります。

カテゴリー:ブログ

2022-01-16 18:07:57


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

春桧原湖スモール×メタルバイブ

先日更新した春の桧原湖プリスポーンスモールマウスバス攻略タックル↓

https://takanashi.bassguide.jp//index.php#tackle

何年か前とはちょっと変わって来てるというか、追加されている物がいくつかあるので順に紹介して行きます。

まずはメタルバイブ。

メタルバイブについては、何年も前から春に釣果を上げていました。

ただ、春にメインで投げ続けるって事は無かったんですよね。

そのエリア毎にシャッドやワームで釣れなかった魚をメタルバイブ投入して拾ったり、深い所で魚探に映った魚を食わせたり。と、そんな感じ。

昨年も4月に開幕して以降、そんな立ち位置で活躍していました。

しかし5月のゴールデンウィーク、早春によくある「一時的にかなり難しくなる期間」に当たったのですが、それに冷え込みが重なったタイミングでメタルバイブが強烈に威力を発揮。

春に狙う水深の定番は4m以浅。

この時は春に狙う人はほぼ皆無な4〜9mをメタルバイブで攻略。

5月2日.3日の2日間がメタルバイブパターンのピークとなり、ほぼメタルバイブオンリーで以下のような釣果に。

5/2 最大1830g、上5匹で5650g。
5/3 最大1600g、上5匹で6240g。

メタルバイブも状況次第ではここまでストロングになる事を思い知らされた次第です笑

今後も状況によって、春にメタルバイブをメインに投げ続ける日が出てくるでしょう。

ですので、これから春にいらっしゃるゲストの皆さんは準備をお願いします(^.^)

幸い、5〜10gのメタルバイブならタックルはシャッドのタックルそのままで扱えますので、ゲストさまもタックルを増やさずにチャレンジ出来ます(^^)

(基準として使うのは5〜7gとなります)

ロッド・ワイルドサイドWSS66L

ライン・デッドオアアライブPE0.4号

リーダー・ビッグトラウトショックリーダー7〜8ポンド

このタックルにシャッド、5〜10gメタルバイブを準備して頂ければOK。

ちょっと軽めの3.5〜5gなら、ミノーや表層プラグのタックルと同じでOK。

ロッド・ワイルドサイドWSS-ST64L+

ライン・デッドオアアライブPE0.4号

リーダー・エリアマスターリミテッドショックリーダー1.2号

これからも、定番の釣りが効かない時の救世主になってくれそうです(^^)

カテゴリー:ブログ

2022-01-14 17:33:29


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。