福島県裏磐梯 桧原湖・猪苗代湖のスモールマウスバス釣りガイド
Category:ブログ

秋全開!ユニオンスイマー、ディープクランク、ジャークベイト。10月16日桧原湖ガイド!!

本日のゲスト様はハードベイターな清水さん!いつもありがとうございます(^O^)

冷えた空気に快晴で、ザ・秋晴れという感じの気持ち良い1日。そんな今日は・・

朝→ディープクランク、ジャークベイト。

昼→ユニオンスイマー、ジャークベイト、ライトリグ。

夕→ディープクランク、ジャークベイト。

という攻め方。快晴ではありましたが、しっかり風が吹いてくれたので日中でも強い釣りで釣れてくれました。

ハードベイターな清水さんらしい釣果になりましたね(*´ω`)

結果、ユニオンスイマー、ディープクランク、ジャークベイト、アバカスイモキャロ、ダウンショットとあらゆる釣りでキャッチ出来ました!!

↓それぞれのタックルはタックルページをご覧ください↓

https://takanashi.bassguide.jp//index.php#tackle

朝のディープクランクフィッシュ!!

冬みたいな魚体でした。

スタートから数時間は走行時グローブが必要でしたね(^^;)

バスも元気で桧原湖シーズンはまだ続きますが、これからの時期は間違いなく寒いですので、本気の冬の服装でいらしてくださいね!!

日が昇りディープクランクへのバイトが無くなってきたらライトリグも投入。

台風前は10mのサーモクライン下10~12mにバスが溜まっていましたが、台風でサーモクラインが消えてからはバスが散りに散って狙い撃つのが大変!!

とりあえず水深10mの張り出しで、アバカスイモキャロをタイトにタイトに通してナイスサイズ捕獲!!

今のように水が掻きまわされて濁った状態の時は最近よく釣れているハードベイトがよく効きますが、逆にライトリグをやるなら、ストラクチャーや地形変化にタイトに付くようになったバスを狙うのが吉!

散った魚を狙うハードベイト、物にタイトになった魚を狙うライトリグという感じになります。

同じ状況変化に見舞われても、その後に取る行動は真逆。魚もそれぞれですね笑

ライトリグからジャークベイトにシフトしてドスっと!!

少々深めの4mラインから浮かせるのに、ワンランク深く潜るモデルに代えての1本(^^)

ここで、ちょうど越冬場所も近かったのでせっかくなのでダウンショットもやりましょ♪

と、越冬場所へ。

濁ってるのでスワンプマイクロやマイクロクローラー等、張りのあるワームのワッキー掛けが良く食いますね。

クリアになったら水をあまり押さないサンスンの出番です。

この時期のダウンショットは基本、エビ、ゴリ食いを意識するのでワッキー掛けが多くなります。

可愛いサイズからそこそこサイズまで、バイト沢山出て楽しめます(*´ω`)

十分楽しめたで、ユニオンスイマー勝負へ!!

ユニオンスイマーは晴れた日中でも出し易いのです!!

本日最大がドカーーン!!

秋のビッグバス狙いにはやっぱりユニオンスイマーですよね!!

最高の1本!!

この後、もう1発掛けましたがジャンプで外されました・・泣

冷えた空気に太陽、風・・という条件が重なったらユニオンスイマーでデカいの釣るチャンスですよ~!!

水温が安定気味だったら太陽がなくても良く釣れます。

そして日が傾いてきたらウィンディーサイドのジャークベイト!!

ドスンドスンと連発頂きました(^O^)

110ミリサイズのジャークベイトが小型のミノーやシャッドに普通に勝る釣果が出せるのが低水温期。(といってもまだ15℃ですが)

ルアーサイズ=リアクション要素。大きなルアーだからこそ食わせられる状況は必ずあるし、そんな魚も必ず居ます。水温が下降傾向な今こそ、こんな釣りが面白いです(^^)

ラスト17時まではディープクランク!!

昨日までと引き続きミドル~ディープの中層をグリグリゴン!!

これも最高に楽しい晩秋の釣りですね(*´ω`)

昨日のような連発はありませんでいたが、ランガンで拾えました!

締めの魚もしっかり釣って終了!!

清水さん、今回も1日強気に押しまくって頂きありがとうございました!

またよろしくお願いします(^O^)

カテゴリー:ブログ

2019-10-16 18:54:30


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

攻めのディープクランクで10発、守りの越冬ライトリグ。10月15日桧原湖ガイド!!

本日のゲスト様はいつも来て下さる岩浅さんと、初めましての高木さん!!ありがとうございます(^O^)

今日はローライトな時間は攻めのディープクランク!!

ハイライトになるとディープクランクは全く食わないし、普通の本湖のディープの釣りすらも難しくなってしまったので、そんな時間は今期初の越冬場所で数釣りを楽しむ展開でした(^^)

昨日と違い、ディープクランクは時間帯を選ぶ感じ。

しかし良い時間帯で連発でした(^^)

ディープクランクをゴリゴリに早巻きしてドスン!!!

晩秋の最高に面白いゲームです(^O^)

昨日はディープX200が圧倒的でしたが、今日はブリッツEXDRがハーモニカバイト続出でバラシも少なかったです。

やっぱりサーモクラインが壊されるとディープクランクの威力はグッと上がりますね!

ミドル~ディープの中層をグリグリゴン!!

先日まで絶好調だった表層の釣りもそうですが、今年の夏以降の浮かせる釣りは、エビが多いが故にエビとワカサギのミックス食いという事が鍵になっているような気がします。

岩浅さんのディープクランク連発劇場(^O^)

気温10℃のホワイトアウト。こうなると流石に寒いです(^^;)

といってもまだまだ寒くなりますが・・笑

しかしバス達はまだまだ元気!!

例年なら11月中旬まで。昨年は暖冬だったので12月頭まで桧原湖ガイド出来ました。今年も長期予報だと暖冬傾向らしいですが、いつまで出来るでしょうか(^^)

ディープクランクはトータル10発!!

最高の晩秋の攻めの釣りでした(^O^)

日中ハイライトで難しい時間帯は越冬場所でライトリグ!!

ライトリグは越冬場所以外は本当に難しかったです(^^;)

今期初の越冬場所、もうそれなりのサイズまでは入ってきていて、楽しませてくれます(^O^)

・・と、思っていたら可愛い子(*´ω`)

越冬場所の中でも、ある程度良いサイズを選んで釣る事は可能です(^^)

ザ・越冬場所初期!!という感じの魚探映像!!

大量のバスがファイト中のバスに付いて来ています笑

これからの時期はこのバス達に遊んでもらうのも、実は意外とテクニカルで面白いです(^^)

しっかり数釣って楽しませてもらいました(^O^)

台風での冷え込みと強湖流、濁り等いろんな要素があってかと思いますが、水温15℃と、まだ高いながらもアイスジグで結構バイトありましたね!

もっと冷えてくれば、このリアクションフィッシングが更に面白く、メインパターンになって来ます(^^)

岩浅さん、高木さん、難しい時間もありましたが1日ありがとうございました!

またよろしくお願いします(^O^)

カテゴリー:ブログ

2019-10-15 19:52:47


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

秋全開!ディープクランク、ジャークベイト、表層。10月14日桧原湖ガイド!!

本日のゲスト様は松田さんと同じ苗字な高梨さん(以下、勝さん)!!

いつもありがとうございます(^O^)

台風でサーモクラインが破壊され、水温低下、濁り、加えて数十センチの増水・・というコンディション。

こんな時はやっぱりハードベイトでバスを呼び寄せる釣りが面白い!!

ハードベイト故にバラしが少し多くはありましたが、シャローはジャークベイト、ミドル~ディープの中層はディープクランク、たまに表層と、ハードベイトオンリーゲームで楽しめました(^^)

まず朝はウィンディーサイドのミドルレンジ上の表層ゲームからスタート。

何投かしてバイトが出ず、そろそろ移動しようかな~~と思った時に松田さんにバイト!!

これはバレてしまいましたが、こんな出方は最近珍しい感じ。バスを水面まで呼ぶのに何投か要した印象です。

このまま表層を続ける選択肢もありましたが、水温低下&濁り、そして風というジャークベイトに欲しい3大要素がしっかり揃っていたのでジャークベイトゲームにシフト!!

松田さん、勝さんにそれぞれミスバイトがあってからの、松田さんにゴン!!

続けて勝さんにもゴンっ!!

楽し過ぎるぜジャークベイトゲーム!!

濁って、更に増水も加わってシャローに差すバスも増えたのかもしれませんね。

ウィンディーサイドのシャローやブレイクをランガンして順調に追加(^^)

途中から、ベストなジャークベイトロッドを探している勝さんに僕のジャークベイトロッドのWSC66MLをレンタル(^^)

軽量~中量ジャークベイトなら僕はこのロッドがメイン。シャロー~引き抵抗が軽いディープクランクまでも背負えるので、桧原湖のハードベイトロッドとして個人的に絶対必須な1本です!最近はシャワーブローズ等のペンシルベイトもPEラインと組んでこのロッド(^^)/

このバスの直後、松田さんもナイスサイズ掛けました~~~・・が、テールフック1本で・・(^^;)

1日ハードベイトやってると、流石にこんな感じのバラシもちょいちょい起こります。

そして次に松田さんが掛けたのは可愛いラージ(*´ω`)

大きくなるんだよ!!

昼頃に少し風が弱まったので再び表層!

朝と同様、何投かした後にそろそろ移動しようかな~~と思うと出た!!

ワイルドサイドWSS‐ST65L&デッドオアアライブPE0.3号!!

やっぱり、バスを表層まで呼ぶのに何投か必要な感じ。即ち、ちょっと深い所ではバスのレンジが下がって、でも上は見ている感じでしょうか。

濁りも入ったし、サーモクラインも無くなってバスがどこに居るか分からないし、バスを呼んで釣るのに表層で静かに釣る必要もないな・・という事でクランクベイトにシフト。

まずはちょっと浅めのミドルレンジで松田さんにゴンっ!!

続けてディープクランクにシフトして、深めの張り出し上を巻いて勝さんにゴン!!・・・も、これは足元バレ。

明らかにクランクベイトへの反応が良く、台風後に今の状況に理屈も合っている感じ!

ここからはミドル~ディープの中層をディープクランク・・特にディープX200を軸にランガンして良いペースでバイトが出る状態。

同じ潜行深度のクランクでも、これより動きや音が静かだとあまり呼べませんでした。

サーモクラインが壊れた時、同時に濁りが入ればディープクランクは確実に強くなりますね(^O^)

タックルはジャークベイトと同じワイルドサイドWSC66ML&デッドオアアライブ10ポンドでOK。

でも併用せずにクランクベイトのみのタックルを組むならやっぱりグラスロッドが良いですね!!

僕の目安としてディープX200の引き抵抗ならWSC‐G68M。それより1~2ランク軽い抵抗ならWSC‐G66MLとなります。ラインは潜行を邪魔しないように太過ぎよりは10ポンドがおススメです

ラストまでコンスタントにバイトして来てくれました(^O^)

最後は勝さん、松田さんの連続ヒットで締め!!

桧原湖のジャークベイティング、ディープクランキング面白いですよ!!

大好きな晩秋の釣りです(^^)

松田さん、勝さん、今日もありがとうございました!

またよろしくお願いします(^O^)

カテゴリー:ブログ

2019-10-14 20:56:07


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。