福島県裏磐梯 桧原湖・猪苗代湖のスモールマウスバス釣りガイド
Category:ロッド

超万能ロッド【WSC69MH &WSC65MH】

もしベイトロッド1本だけ選ぶならコレ!って感じの超万能ロッドなワイルドサイドWSC69MHとWSC65MH。

今まで散々、桧原湖のハードベイトロッド最初の1本はWSC66ML!と紹介して来ましたが、ハードベイトの括りを外すと個人的に完全にコレになります(^^)

フロッグスペシャルの名が付いていますが、実際は超万能バーサタイルロッド。

羽根モノ、スイムジグ、スピナーベイト、チャターベイト、4〜5インチシャッドテール、フルサイズジャークベイト、軽めのスイムベイト…等、全てこのロッドに任せています(^.^)

これからの春プリスポーンにはフルサイズジャークベイト、スイムジグ、4〜5インチシャッドテールあたりでの出番が多いですね!

中弾性で綺麗にしっかり曲がるレギュラーテーパーなので投げ易いルアーウエイト幅が広い。
でも、スイムジグやスピナーベイト、4〜5インチシャッドテール等の太めのシングルフックをしっかりフッキング出来るパワーもある。
羽根モノも、ファイト時にロッドパワーが無いとバレ易くなっちゃいますね。

遠投やストローク重視なら69MH。
アキュラシーや操作性重視なら65MH。
エリー115のようなフルサイズジャークベイトには短い65MHがお気に入りですね!

で、このロッドのもう1つの優れた点は、しっかり曲がる中弾性レギュラーテーパーながら、ある程度張りとパワーを併せ持つので、フットボールやフリーリグ、高比重ノーシンカーといった桧原湖定番のパワー系底物の釣りも、ベストではなくとも70点くらいの点数で出来ちゃうところ。

僕が軽量〜中量級ハードベイトロッドとして溺愛しているWSC66MLだと流石に底物への汎用性はあまりありませんからね笑

ちなみに70点という点数は、PEラインでシステムを組めばもうちょっと上がります。

このロッドが1本あると本当に便利だし、投げ易い=ノンストレスで快適。オススメの1本です(^^)
 

カテゴリー:ロッド

2022-04-16 21:14:37


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

ミドストロッドの使い分け

ワイルドサイドの【ミドストスペシャル】使い分け。

ミドストは通年使うテクニックですが、春は特に使用率が上がりますよね(^.^)

ワイルドサイドにはミドストスペシャルと名が付くロッドが3機種あります。特徴は何と言ってもミドストの「やり易さ」。

一定リズムの連続シェイクを行いながら、一定スピードで巻く。
シンプルだけど、慣れないとやり難いタイプの釣り。
これを行い易くするため専用設計されたロッドとなります(^^)

先日紹介した遠投ホバスト、細ピッチミドスト用として愛用しているWSS-ST66XULはロールを抑えた細ピッチ向け。
(ピッチを細かくするにはより短い方が良いのですが、飛距離も出したいが故にこれになります)

このミドストスペシャルで繰り出すシェイクはもうちょっとシェイクのピッチが大きくなり、ミドストの基本である、しっかりとしたロールアクションを演出し易くなります。

つまりはしっかりロールアクションを出すか、ロールを抑えて細かく震わせるかで差が生まれる事もあるので、66XULとミドストスペシャルを使い分けてる感じですね!

WSS64XULはミドストスペシャルの中で最もフィネスなモデル。桧原湖でのベースはこれと思って良いと思います。
僕の場合、ガイドのお客さんに勧める時は「一本でミドスト含め一通りやりたいならST66XUL。使い分けてミドストに特化するなら64XUL」と伝えてます(^.^)

WSS64ULはベースモデル。
64XULとの使い分けとして簡単な基準となるのがドロップショットミノー3.4のジグヘッド。
ドロップショットミノー3.4に0.9〜1.8gジグヘッドだとどちらの竿でも使えるちょうど中間くらい。

総重量、ルアーのボリューム感がこれより上なら64UL。
これより下なら64XUL。
一つの基準として参考にしてみてください(^^)

WSS67L+はパワーミドスト。
5インチ前後の大きめのワームを使ったミドスト用です。
昨年もやろうと思っていたけど何だかんだでそんなに出来なかったので、今年は積極的に使って行こうと思っています。
5インチって桧原湖では大きめですが全然食ってくるサイズ感ですから、アベレージサイズを上げる狙いで機能してくれれば嬉しいですね!

また、67L+は小型プラグの巻き系の釣り全般にも適してます。
イメージ的にはグラスロッドに近い雰囲気で巻けますね。

ちなみにミドストをする上でもう1つ大事なのはリールのギア比。
ハイギアだとどうしてもうっかり速くなって浮き上がってしまったり、一瞬の巻き過ぎでワームの動きが破綻して見切られる原因になったりするので、ノーマルギアがオススメです(^^)

今シーズンよりタイアップする64ガイドとの共通ポイントカードがスタートします。

当ガイド、64ガイドどちらを利用してもポイントが貯まります。

↓64ガイドサービス紹介↓

https://takanashi.bassguide.jp//blog.php?uid=3673

全部貯まればワイルドサイド。中継ポイント達成でアブソルートAAA、ニシネルアーワークスルアー。(いずれも在庫から選んで頂く形となります)

※有効期限3年。景品は予告なく変更、終了する可能性がありますのでご了承ください。

※6月までのTFGガイド募集は、おかげさまで全ての日程が埋まりました。皆さまありがとうございます。7月以降の募集はもうしばらくお待ちください。

カテゴリー:ロッド

2022-04-04 14:58:18


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

ワイルドサイドWSS-ST66XUL

フラットのライトキャロ、遠投ホバスト、細ピッチのミドストを1本で熟せる【ワイルドサイドWSS-ST66XUL】

野尻湖の砂地フラット用ライトキャロ用ロッドとして野尻湖ガイドの林さんと鬼形さんが開発したロッド。

桧原湖でも砂、泥のフラットは存在するので、岩場ライトキャロ用のWSS-ST65Lとの使い分けで活躍してくれます(^^)

更に僕が好きな使い方が遠投ホバスト!

ホバストって、ミドストと比べたら細ピッチシェイク系の釣りなので短めのロッドを用いられますが、桧原湖や猪苗代湖で遠投して使いたい事が多い僕はこのWSS-ST66XULを多用します。

ソフトにマイルドに曲がってくれるこのロッド、遠投性能と細ピッチ連続シェイク性能のバランスが良くて本当に使い易いんですよ(^.^)

なので、ミドストをより細かいピッチで行いたい場合にも選択肢としてアリなロッドです。
また、ある程度のスピードで巻いてくるノセ系の表層系(春スモールの定番小型シャッドテールなど)にも使えますね。

スモール狙いではかなり汎用性を発揮してくれます。

ホバスト、ノセ系表層には遠投用のインフィニティPE0.2〜0.3号にエリアマスターリミテッドショックリーダー1〜1.2号。

ライトキャロにはアブソルートAAA3ポンド。ミドストには2.5ポンドがベースです。
 

カテゴリー:ロッド

2022-04-01 21:16:25


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。