福島県裏磐梯 桧原湖・小野川湖のバス釣りガイド
Archive :2019-01

YouTubeチャンネル作ります

YouTubeチャンネル作ります!主に初心者〜中級者向けで。

で、汚いメモを公開。SNSでもブログでも、全てで公開 笑

YouTubeチャンネル作ります の写真

基本的にバス釣りを始めて最初に覚える初歩的な部分〜ちょっとした応用くらいまでのハウツーを1つのチャンネルで完結できる物にしたいと思ってるので、僕が伝えたい事をざっと書き出す。

他にも「こんな事も伝えると良いんじゃない!?」的なテーマが浮かべば教えてくださいm(_ _)m

動画の編集経験もスキルも無し。完全見切り発車w

そもそも今の自分のパソコンのスペックで出来るかも分からない((((;゜Д゜)))))))

でも、盛大に言っちゃったからにはやるしかない笑

おそらく最終的には動画編集は委託でお願いする事になるかとは思いますが、まずは自分で挑戦します。

カテゴリー:ブログ

2019-01-16 22:10:57


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

質問「プリスポーンの魚探し方は?」

本日のご質問は個人的に・・来た・・来てしまった!!という感じのご質問です(^^)

アソ湖のカートコバーンさんからのご質問
プリスポーンの魚を探す時に気にされてることは何かですか?
春は風に左右されることが多く制限が多いこともありますが、どういうエリアがいいのかイマイチ絞り込めてません。
プリスポーンの魚探しでのポイントを教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

春の魚探し・・僕が最も好きなハンティングゲームです!

考えて、自然を読み、バスの動きを読み、嗜好を読み、そして春爆やビッグフィッシュを狙い当てて行くゲームは最高に面白いです。

そして僕がその春の魚探しをする際に主に考えている事はたった1つの事だけ・・・。

たった1つと言ってしまうと極端かもしれませんし、実際には他の要素もいろいろと考えてはいますが、そう言ってしまっても過言ではないくらい超重要な事です。

当たり前・・の事ではありますが、この現象をから水の中に住む生物はどう影響を受けてどう行動するかをより深く考えて行く事で春の魚探しはより正確に、よりエキサイティングになります・・・。

これはもう、文字にして書くよりも図にした方が分かり易いので図にしてしまいました。これが答えです・・笑

質問「プリスポーンの魚探し方は?」 の写真

質問「プリスポーンの魚探し方は?」 の写真

質問「プリスポーンの魚探し方は?」 の写真

質問「プリスポーンの魚探し方は?」 の写真

質問「プリスポーンの魚探し方は?」 の写真

質問「プリスポーンの魚探し方は?」 の写真

こういった大きな水温変動、水の移動が常に起こるのが春です。

これを深く読み解いて、その場所に居る魚の活性は上がるのか?下がるのか?意外と変わらないのか?

そもそもその場所に魚が差して来るようになるのか?居なくなるのか?

バスの目線や嗜好はどう変化するのか?

・・・・というふうに読んで探し当てて行くのが僕の春のハンティングゲームです・・・。

すっごく単純だけどメチャクチャ大事な事です・・(^^)

カテゴリー:ブログ

2019-01-15 14:20:55


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」

今回も、釣り人であれば誰しも悩み考えるご質問が届きました(^^)

(なかなかご質問への回答が追い付かずすみませんm(__)m)

相川さんからのご質問!

質問なのですが、桧原湖でプラグの釣りをする時カラーチョイスはどのようにしていますか?
桧原湖開幕のシャッド等で参考にしたいのでお願いしますm(_ _)m

という事で、桧原湖でハードルアーを使う際のカラーセレクトについてのご質問を頂きました(^^)

早速お答えしますと・・・「桧原湖」だから「スモールマウス」だから・・とあまり括る事はせず、その時の天気や水に合わせてケースバイケースでセレクトして頂くのが一番ですね!

で、桧原湖の場合通常透明度(ボトムが見える水深)が2~3mですので、これを基準にセレクトしていくのが良いと思います。

カラーの強い弱い、目立つ目立たない、明滅の強弱・・・を、透明度の変化、光量の変化、水色の変化、バスの活性等で調節して行きましょう!

という事で・・具体的に桧原湖でよく使うハードルアーの色の種類をズラッとご紹介(^^)/

ボディーが透けるゴースト系カラー。

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

桧原湖での使用率がとても高い系統です。光量が多い時、水が通常~ややクリアアップした時はこの辺のカラーが基本です。

(あまりにクリアアップした時はハードルアー投げるのは控えましょう・・笑)

半反射カラー

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

ボディーの半分が反射して半分がゴースト系。もしくは、反射板がボディー内部にあり、淡いフラッシングを放つカラー。

これもゴースト系と肩を並べて桧原湖で最も使用率が高いカラー。1つのルアーでカラーまで揃えるのはちょっと大変・・・オススメのカラー1色だけに絞ってほしい・・という方には、この半反射系のカラーをオススメしますね!

桧原湖の通常透明度~ちょっと濁った時に出番が多いカラーですね!ハイライト~ローライトまでオールマイティー。

反射なしマット系ナチュラルカラー。

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

こちらも桧原湖で出番が多い系統。反射はあまり無いけど透けもしないので膨張感があります。濁り気味だから存在感を出したい・・でもフラッシングは抑えたい・・という時に出番が多いです。

ただ、フラッシングは抑えてもカラーの明滅は起こせるカラーの方が実績は高いです。

白強めマット系カラー

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

同じマット系カラーでも白が強い(面積が大きい)事でより膨張感が強い色。主に茶濁りした時に使用します。白濁り時は・・・微妙です・・笑

ライムチャート系

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

チャートなのですが薄く透けているので結構水に溶け込むような色。クリア~ササ濁りまで幅広く使えます。同じライムチャート系でも、ほぼ単色に近いカラーリングならかなり自然な弱い色。しかし写真上のハンクルシャッドのようにブルーバックになっていると結構強い明滅を生みます。青は濁りや暗い中でも残る色です。

チャート系

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

非常によく使うアピール系カラー。

ササ濁り程度ならホットタイガーやブラウンバック、もうちょい濁ればブラックバック、結構な濁りor暗い時はブルーバックがお気に入りです。

反射系

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

半反射系と違い、ボディー表面がしっかり反射するタイプ。ローライト時に出番が出て来ます。ローライトでなくとも、バスがフラッシングに怯えない状況なら低水温期に強いイメージ。

赤系

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

春秋の水温が低めの濁り気味のシャローで良く効くイメージ。確かに教科書通り、赤っぽいカラーが春に良く釣れると感じる時はあります。・・・が、威嚇色とか、ザリガニの色とか・・・というのは少なくとも桧原湖では感じないです。

昔はウチダザリガニがゴロゴロ居たのに、今はすっかり絶滅危惧種のような・・・。

単色系

質問「ハードルアーでのカラーチョイスは?」 の写真

ウォブルやロールといったルアーアクションによる色の明滅が起こらないルアーはこういったドピンク、ドチャート等の単色系もよく釣れます。なのでI字系で使う事が多いですね。

・・・駆け足でしたが、僕の桧原湖でのカラーセレクトの基本はこんな感じです!

カラーセレクトはあくまでも「普段の桧原湖の水質」というベースがあって、そこから合わせて行きます。ですので、その前提条件が違うフィールドに行けばまた少々変わって来る部分もあるかとは思いますが、是非参考にしてみてください!

カテゴリー:ブログ

2019-01-14 15:20:14


ガイド空き状況

現在空きはございません。

ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。