福島県裏磐梯 桧原湖・猪苗代湖のスモールマウスバス釣りガイド

秋全開!ディープクランク、ジャークベイト、表層。10月14日桧原湖ガイド!!

本日のゲスト様は松田さんと同じ苗字な高梨さん(以下、勝さん)!!

いつもありがとうございます(^O^)

台風でサーモクラインが破壊され、水温低下、濁り、加えて数十センチの増水・・というコンディション。

こんな時はやっぱりハードベイトでバスを呼び寄せる釣りが面白い!!

ハードベイト故にバラしが少し多くはありましたが、シャローはジャークベイト、ミドル~ディープの中層はディープクランク、たまに表層と、ハードベイトオンリーゲームで楽しめました(^^)

まず朝はウィンディーサイドのミドルレンジ上の表層ゲームからスタート。

何投かしてバイトが出ず、そろそろ移動しようかな~~と思った時に松田さんにバイト!!

これはバレてしまいましたが、こんな出方は最近珍しい感じ。バスを水面まで呼ぶのに何投か要した印象です。

このまま表層を続ける選択肢もありましたが、水温低下&濁り、そして風というジャークベイトに欲しい3大要素がしっかり揃っていたのでジャークベイトゲームにシフト!!

松田さん、勝さんにそれぞれミスバイトがあってからの、松田さんにゴン!!

続けて勝さんにもゴンっ!!

楽し過ぎるぜジャークベイトゲーム!!

濁って、更に増水も加わってシャローに差すバスも増えたのかもしれませんね。

ウィンディーサイドのシャローやブレイクをランガンして順調に追加(^^)

途中から、ベストなジャークベイトロッドを探している勝さんに僕のジャークベイトロッドのWSC66MLをレンタル(^^)

軽量~中量ジャークベイトなら僕はこのロッドがメイン。シャロー~引き抵抗が軽いディープクランクまでも背負えるので、桧原湖のハードベイトロッドとして個人的に絶対必須な1本です!最近はシャワーブローズ等のペンシルベイトもPEラインと組んでこのロッド(^^)/

このバスの直後、松田さんもナイスサイズ掛けました~~~・・が、テールフック1本で・・(^^;)

1日ハードベイトやってると、流石にこんな感じのバラシもちょいちょい起こります。

そして次に松田さんが掛けたのは可愛いラージ(*´ω`)

大きくなるんだよ!!

昼頃に少し風が弱まったので再び表層!

朝と同様、何投かした後にそろそろ移動しようかな~~と思うと出た!!

ワイルドサイドWSS‐ST65L&デッドオアアライブPE0.3号!!

やっぱり、バスを表層まで呼ぶのに何投か必要な感じ。即ち、ちょっと深い所ではバスのレンジが下がって、でも上は見ている感じでしょうか。

濁りも入ったし、サーモクラインも無くなってバスがどこに居るか分からないし、バスを呼んで釣るのに表層で静かに釣る必要もないな・・という事でクランクベイトにシフト。

まずはちょっと浅めのミドルレンジで松田さんにゴンっ!!

続けてディープクランクにシフトして、深めの張り出し上を巻いて勝さんにゴン!!・・・も、これは足元バレ。

明らかにクランクベイトへの反応が良く、台風後に今の状況に理屈も合っている感じ!

ここからはミドル~ディープの中層をディープクランク・・特にディープX200を軸にランガンして良いペースでバイトが出る状態。

同じ潜行深度のクランクでも、これより動きや音が静かだとあまり呼べませんでした。

サーモクラインが壊れた時、同時に濁りが入ればディープクランクは確実に強くなりますね(^O^)

タックルはジャークベイトと同じワイルドサイドWSC66ML&デッドオアアライブ10ポンドでOK。

でも併用せずにクランクベイトのみのタックルを組むならやっぱりグラスロッドが良いですね!!

僕の目安としてディープX200の引き抵抗ならWSC‐G68M。それより1~2ランク軽い抵抗ならWSC‐G66MLとなります。ラインは潜行を邪魔しないように太過ぎよりは10ポンドがおススメです

ラストまでコンスタントにバイトして来てくれました(^O^)

最後は勝さん、松田さんの連続ヒットで締め!!

桧原湖のジャークベイティング、ディープクランキング面白いですよ!!

大好きな晩秋の釣りです(^^)

松田さん、勝さん、今日もありがとうございました!

またよろしくお願いします(^O^)

カテゴリー:ブログ

2019-10-14 20:56:07


ガイド空き状況

4月7(火) 10(金)

ご予約ページを開く


ガイドについてお気軽にお問い合わせ下さい。